幼児期特別教育(ECSE)

カラフルな抽象画のクローズアップ

すべての子どもは自分のペースで成長しますが、中には発達に遅れがある子どももいます。また、特別な健康状態も子どもたちの発達に影響を与えることがあります。幼児期特別教育(ECSE)は、家庭、地域社会、学校を基盤とした幼児教育プログラムを含む様々な環境で、誕生から幼稚園までの子供たちに特別教育サービスを無料で提供しています。子供は、特別教育評価を受けることで、幼児期特別教育を受ける資格があります。

ECSEプログラムのスタッフは、認知、コミュニケーション、運動、適応/自助、社会性/情緒、聴覚/視覚障害などの一般的な分野で発達の遅れを示す、誕生から幼稚園までの幼児をスクリーニングし、評価し、早期介入を提供しています。認可を受けた幼児期の特別教育の教師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、その他の訓練を受けた専門家が、保護者や幼児期の専門家と協力して、以下のことを行います。

  • 子どもの機能と必要性の評価レベルに基づいて、発達を促進するための個別プログラム計画(IFSPとIEP)を通じて、子どもたちが潜在能力を発揮できるように支援します。
  • 特別なニーズを持つ子どもの能力を促進し、課題に取り組むことができるよう、家庭での支援・教育を行う。
  • 保護者に、子どものための地域に根ざした資源についての情報を提供する。

連絡先

アンジー・クラインデラー
ECSEコーディネーター
angela.kleinedler@minnetonkaschools.org
952-401-6808

メインオフィス/アテンダンスライン
952-401-6806(電話
952-401-4022 (Fax)

ミネトンカ地域教育センター
バイン・ヒル・ロード4584
ディープヘブン, MN 55331