成功への障壁

2012-13年度、ミネトンカ学区は、(1)生徒の学業の成功を阻む障壁を特定し、(2)これらの障壁の目録を作成してその存在を評価し、(3)障壁に対処するための現在の戦略の有効性を分析し、(4)現在の取り組みの変更の可能性を提言することを目的とした地区タスクフォースの権限を与えられました。最終報告書には、各既存の戦略にどの生徒が参加しているか、参加していた期間、得られた成果(学業的または行動的)について、建物や学校、関連する人口統計学別に詳細に分析したものが含まれています。最終報告書では、システム内で制御可能な、または合理的に対処できる障壁を特定しました。これらは、システムに起因する障害、解決策が地区の方向性を示す可能性のある障害、ミネトンカの生徒に提供する利益に基づいて地区が合理的に対処する障害となります。

2014年、教育委員会は以下の目標を採択しました:生徒の学業達成を阻む特定の障害に対処する学校別の戦略を立案し、実施する。これらの戦略に対する進捗状況を報告する。次の数年間で、学力格差を縮め、学習へのさらなる障壁があると特定された生徒の問題に対処するために、大きな改善が行われました。

成功への障壁についての詳細はこちら

地区が成功への障害を特定した後、それらに対処するためのプロセスを更新しました。現在、地区は様々な方法で生徒の成功を監視し、教育委員会に定期的に報告しています。生徒の学業成績と生徒集団内の格差は、毎年、Worlds Best Workforceレポートで報告されています。さらに、さまざまな生徒のサブグループごとに集計された生徒の学力データは、毎年NWEAとMCAの報告書に含まれています。さらに、評価部門では、各校舎のデータを学校データプロファイルで提供しています。このプロファイルにはすべての評価に関する複数のデータポイントが含まれているため、校長や学校の指導者は、特定の学校のサイト内の生徒の傾向を追跡し、毎年監督者と一緒に目標を策定することができます。最後に、学校には評価部門と学校介入担当者から複数のデータポイントが含まれた介入スプレッドシートが提供され、複数年に渡って介入を受けた生徒を追跡することができます。

これらの継続的なシステムはすべて、「成功への壁」の活動の結果として生まれたもので、地区は当初の「成功への壁」の活動から得られた項目を測定することに集中し、より的を射たものにすることができました。