学生自治委員会

生徒の帰属意識に関する委員会は、多様性、公平性、包摂性、卓越性の分野において、改善すべき分野を特定し、強化し、成功を祝うためのリソースとしての役割を果たします。また、ミネトンカの学校コミュニティに参加し、「卓越性と帰属意識へのコミットメント」に向けた地区の進捗状況を監督していきます。

現在の委員会はミネトンカ高校を中心に活動していますが、将来的には他の学年の委員会も計画されており、定期的に会合を開く予定です。メンバーは、地区職員、保護者、ミネトンカ高校の生徒、地域社会のパートナーで構成されています。未成年者はこのグループのメンバーであり、個人的な話をするよう求められているため、メンバーのリストは公開されていません。

今後の委員会

生徒の帰属意識に関する委員会も、中学校レベルと小学校レベルのために設置される予定である。地区は、これら2つの委員会の設置作業を開始し、幅広い多様性と経験を反映した委員会委員を選出します。