行動計画

2020年8月

  • 教育委員会は、目標2の草案を作成し、承認します。
  • 目標#2を公表する(ディストリクトのウェブサイトで見る
  • 卓越性と帰属意識に関するコミットメントの草案を作成(9月に教育委員会で検討
  • 卓越性と帰属意識のためのウェブサイトの草案を作成(9月に教育委員会が検討するためのもの

2020年9月

  • 教育委員会勉強会項目。卓越性と帰属意識に関する教育委員会のコミットメントについて話し合う
  • 教育委員会勉強会項目。目標2関連方針の見直し
    • #504:学生の服装と身だしなみの規定
    • #514:いじめの禁止
    • #534号:教育の機会均等
    • #604:インクルーシブ教育プログラム
    • #第606回:教材の見直し・選択・活用
    • #607:物議を醸す話題と資料
  • 行動計画の作成(9月に教育委員会が検討するための初期草案
  • リソースガイドの開発(これは継続的な取り組みとなります
  • 卓越性と帰属意識に関するコミットメントを公表(地区のウェブサイトで見る
  • 行動計画の公表(地区のウェブサイトで見る
  • リソースガイドの発行(地区のウェブサイトで見る

2020年10月

  • レビューボード"ビジョン"
  • MHS帰属意識委員会からの報告(教育委員会会議または勉強会の予定
  • 採用活動を見直し、多様なバックグラウンドを持つスタッフの採用をさらに検討
  • 学生、保護者、スタッフ、卒業生、コミュニティメンバーのためのエンゲージメントプランの作成( リスニングセッションなど
  • 2020-21年度の教育委員会目標を年次報告書で共有(全住民と地区の全保護者に送付
  • MHS帰属意識委員会が10月例会を開催
  • 2020-21年度の教育委員会の目標に関する特集記事を共有する(地区のウェブサイト、ソーシャルメディアで)。

2020年11月

  • 生徒、保護者、スタッフ、卒業生、コミュニティメンバーのためのエンゲージメントプランの実施を開始する(リスニングセッションなど
  • 小学校レベル、中学校レベルの帰属委員会の設置を開始する。
  • 各棟のスタッフリソースを決定し、帰属の取り組みを支援する
  • 各棟のスタッフリソースの情報を生徒や家族に伝える
  • カリキュラムのレビュープロセスを評価する/ポリシー#606
  • MHS帰属意識委員会が11月例会を開催
  • 研究員研修の機会

2020年12月

  • カリキュラムレビュープロセスの評価を継続する/ポリシー#606
  • MHS帰属意識委員会が12月例会を開催

2021年1月

  • カリキュラムレビューの改訂版をカリキュラムレビューのプロセスで使用する  
  • 多様なバックグラウンドを持つスタッフの採用をさらに推進するために、2つのスタッフの採用活動を調整する。
  • ステークホルダーとのエンゲージメントの継続的な取り組み
  • MHS帰属意識委員会が1月例会を開催
  • 中学校・小学校の所属委員会が初会合を開催
  • 初めての職員研修の機会を実施

2021年2月

  • 所属委員会からの報告(教育委員会会議・勉強会用
  • 関連する方針の変更を承認する
  • スタッフへの2回目の研修機会の実施
  • 多様なバックグラウンドを持つスタッフの採用をさらに推進するため、スタッフの採用活動を継続的に行う。
  • ステークホルダーとのエンゲージメントの継続的な取り組み
  • 所属委員会が月例会を開催

2021年3月

  • 多様なバックグラウンドを持ったスタッフの採用をさらに促進するためのスタッフ採用活動を完結させる。
  • ステークホルダーとのエンゲージメントの継続的な取り組み
  • 所属委員会が月例会を開催

2021年4月

  • 所属委員会が月例会を開催
  • ステークホルダーとのエンゲージメントの継続的な取り組み

2021年5月

  • 所属委員会からの報告(教育委員会会議・勉強会用
  • ステークホルダーとのエンゲージメントの継続的な取り組み
  • 所属委員会が月例会を開催

*日程は変更になる場合があります。