バスの安全性

バス停やスクールバスでの安全は、生徒一人ひとりの協力と責任ある行動にかかっています。

以下の安全ルールをお子さんと話し合ってください。学校の最初の週には、バスの運転手がこれらの点を強調しています。

  • バスのスケジュールを守るためにも、時間通りに行動しましょう。
  • バスの到着予定時刻の5分前にバス停に到着。
  • バスを待っている間、車道の端や歩道の端から後ろに立ってください。
  • 停留所を通過する人の交通の妨げにならないように、車道に出ないようにしましょう。バス停周辺は遊び場ではありません。
  • ポイ捨てはやめましょう。バス停エリアを利用するのはお客様の特権です。
  • 道路の端から3~5フィート離れた場所に一列に並んでください。バスの動きが止まり、ドアが開くまでバスに近づかないでください。バスの運転手がバスに乗るように合図するのを待ちます。
  • バス停が道路の反対側にある場合は、バスが停車して赤信号警告システムが作動するまで待ちます。バスの運転手は、道路を渡るように合図します。渡る前に両方の方向を見てください。
  • バス信号のファイルに乗ります。手すりを使います。自分の席に直行します。
  • バスの運転手の指示に従ってください。
  • 座ったままで
  • 自分や他人を危険にさらしてはいけません。
  • 動物、食べ物、ガム、飲み物、タバコ、化学薬品、危険物をバス内に持ち込まないでください。
  • 丁寧に話し、丁寧に振る舞う。
  • バスを清潔で安全な状態に保つためのお手伝いをします。
  • バスが止まるのを待ってから立ちましょう。手すりを使い、一歩ずつ進み、押したり押したりせず、学校や家に直行しましょう。
  • 道路を横断しなければならない生徒は、バスの前から少なくとも10フィート離れ、バスの運転手を見上げ、道路を横断するために彼/彼女の手の信号を待つ必要があります。道路を渡るときは、両方向を見てください。バスを降りたら、バスから離れることを忘れないでください。

学生バスの乗務員は、安全教育を受ける必要があります。

幼稚園から10年生までの生徒は、スクールバスに乗るための資格を取得しなければなりません。学校の最初の6週間の間に、生徒は認定に必要な安全トレーニングを受けます。これらの活動を強調するために、ミネソタ州では毎年第1週をスクールバス安全週間と定めています。

学生の交通機関に関する当地区の方針は、方針709(学生交通安全方針)および方針707(公立学校の学生の交通機関)に記載されています。

ポリシー709は、安全性が懸念される場所では、それは特権であり、学生がスクールバスに乗る権利ではないという考えを強化しています。

学校交通機関の安全性が第一の要因であることを確実にするために、方針709では、保護者、校長、バス運転手の責任を定義しています。


交通機関のご案内


学生認定の要件

学生の研修には、教室での指導とスクールバスでの実習が含まれます。研修を修了した生徒は、以下のような具体的な知識と技能を発揮できるようになります。

  • スクールバスでの送迎は特権であって権利ではない
  • 生徒の行動とスクールバスの安全に関する地区の方針を理解する。
  • バス乗車中の適切な行動
  • スクールバスを取り巻く危険地帯
  • スクールバスに安全に乗降するための手続き
  • 安全に車線を横断するための手順
  • スクールバスの避難などの緊急時の対応
  • 歩行者と自転車の安全手順