アドバイザリーカウンシル(SEAC

特別教育諮問委員会(SEAC)は何をしているのですか?

  • 生まれてから21歳までの障害のある地区学習者の関心事を代表する。
  • 保護者の参加、現在の問題、プログラム開発、学科の優先事項について、特別教育学科にアドバイスを提供しています。
  • 質の高い特別教育プログラムの提唱者として活動しています。
  • 家族、学校、地域のコミュニケーションを促進する。
  • 特別教育サービスの提供に影響を与えるプログラムの問題について、学生支援サービス部のアドバイザーを務める。
  • 学期中に約4回開催されます。ミーティングは、午前9時から10時30分まで、地区サービスセンターで行われます。
  • SEACのメンバーは、特別教育長が申請手続きを経て任命し、2年の任期で代表者を務め、追加の任期で再申請する機会があります。
  • 可能な限り、会員は、地区の特別教育プログラムに反映される様々な年齢層、障害、性別、民族の多様性を代表するものでなければならない。

特別教育を受ける子どもの保護者の参加。

現在工事中です。詳細は7月に入ります。