ブリーズ新聞

学校新聞の仕事は、夏休みを含む通年の活動であり、特に学年が始まる前の2週間は、夏休みを含めての活動となります。時間は役割によって異なりますが、編集者の場合は月20時間、ライターの場合は月3~5時間が標準的です。典型的な年には、8~20ページの通常号が10号発行されますが、追加の"スペシャル"を発行する可能性もあります。

顧問の指導のもと、学生は論文の執筆、編集、制作を行います。Breezesは予算を管理し、広告を通じて資金を調達しています。スタッフは約15人の編集者、30人のスタッフライター、アーティスト、カメラマン、広告チームのメンバーで構成されています。時折、寄稿ライターになる機会もあります。すべてのポジション(寄稿ライターを除く)は、応募プロセスを経て埋まっていきます。

ミーティングは高校のBreezes Office (2420-A)で行われ、すべての作業は学校の前か後、または週末に学生が自分の時間を使って行われます。新聞の仕事に興味のある学生は、選択科目の一つとしてジャーナリズムを履修することをお勧めします。

アドバイザー

カーリー・チャイカ
carly.czajka@minnetonkaschools.org
952-401-5700