屋外教室

屋外教室

自然を学び、自然を愛し、自然に寄り添う。それは決してあなたの期待を裏切らないでしょう。 -フランク・ロイド・ライト

ディープヘブン小学校の保護者教師会は、放置され、生い茂った中庭に屋外教室を作るために資金を集め、計画し、建設しました。PTAは、自然界について「体験的に」学ぶ場を提供したいと考えていました。

屋外教室は、科学と数学のカリキュラムの主要な目的をサポートし、創造的で批判的な思考のための別のフォーラムを提供しています。当校の教師陣は、設計と実施に積極的に取り組んでいます。この教室は全学年(K-5)のカリキュラムを補完するもので、年間550人以上の生徒が学んでいます。各生徒は、季節ごとに少なくとも1つのイベントを屋外教室で体験します。

屋外教室の広さは48フィート×147フィートで、地域の方や団体の方が利用できるようになっています。

屋外教室の要素としては、以下のようなものがあります。

  • 池の水の特徴
  • 鳥と蝶のサンクチュアリ(エサやり場/鳥の湯
  • ウェザーステーション(温度計・ウェザーベーン
  • 完全な授業を行うためのエリア - 25人以上の学生が座るのに十分な大きさのサークル
  • 少人数指導のための座学サークル
  • ミミズ掘り、土掘りなどの探検エリアとして使える大きなポッティングベンチが2台。- 特に低学年に適しています。
  • スペシャルエドの学生や他の学生のためのスイングは、"休憩"を取る必要があります。
  • ピクニックテーブル5台、ハンディキャップ対応1台
  • マイク、デモなどの電源。

何事も、複数の方法で学ぶまでは理解できない。- マーヴィン・ミンスキー