小学校の美術

ビジュアルアート

小学生は全員、小学校のキャリアを通して6日間のサイクルで1回、ビジュアルアートの指導を受けます。スタジオでの時間は、探究心に基づいた問題解決や批判的思考、様々なツールやテクノロジーの使用が含まれています。創造的な遊びと探求の時間は、アート体験に欠かせないものです。

小学校の視覚芸術プログラムの基礎的な側面には、以下のようなものがあります。

  • 創作-アートメイキング
  • 応える-アートを語る
  • つながる-アートが私たちを取り巻く世界にどのように影響を与え、影響を与えているか
  • プレゼン-聴衆を巻き込む

音楽

K-4年生
生徒は、6日間のサイクルで2日間、一般の音楽教師の免許を持った教師のもとで音楽のレッスンを受けます。 レッスンでは、歌唱、器楽、オーラルトレーニング、作曲/上達、リズミックキネステティック、楽譜の読み方などを含む、総合的で読み書きのできる音楽家を育成することに重点を置いています。 弦楽器の無料レッスンは、4年生から免許を持った器楽教師が行います。 

5年生
5年生からは、声楽(合唱)、弦楽器(オーケストラ)、管楽器・打楽器(バンド)、一般音楽など、特定の分野に音楽的な成長を集中して行うことを選択します。 選択に応じて、生徒は6日間のサイクルで各2日間、免許を持った一般音楽または器楽の教師との大規模なグループ音楽レッスンを受けます。 さらに、器楽の学生は、6日間のサイクルごとに希望する楽器の小グループレッスンを1回受けます。 

質問やフィードバックをオンラインで送信し、Let's Talkで1営業日以内に回答を受け取ることができます。

話をしよう