技術情報

テクノロジーは教育に不可欠な要素となっており、将来のために学生を準備しています。

当地区では、テクノロジーが教師の教え方や子供たちの学習方法を変えてきました。生徒の学習意欲が高まり、生徒の成績は記録的なレベルにまで向上しています。K-12年生の全生徒は、学校で発行されたiPadを使用してデジタル教材にアクセスし、共同作業や創作のスキルを養っています。また、すべての教科で個別指導を受け、生徒の学習を強化し、個人化することを目的としています。

ミネトンカでは、2002年に最初のSMARTボードを設置してカリキュラムのデジタル化を開始しました。今日では、すべての教室にSMARTボードが設置され、教師はブロードバンド光ファイバーネットワーク、多数のWiFiアクセスポイント、高速で安全なシングルサインオンツールのおかげで、インターネットリソースの世界を高速で教室に持ち込むことができるようになりました。そのスピードにより、貴重な授業時間を無駄にすることはありません。

すべての教室のサウンドフィールドソリューションは、教師の声帯を保護し、声の歪みを軽減し、すべての生徒があたかも最前列に座っているかのように教師の声を聞くことができるようにします。
 
教師は、テクノロジーを教室でどのように使用できるかについてトレーニングを受け、カリキュラムに織り込んで生徒の学習への関与を高めるようにしています。ミネトンカでは、コンテンツを教えるために第三者のアプリに頼ることはありません。教師はミネトンカのデジタル化されたカリキュラムを使用しています。
 
難しい英文を理解し、文脈を与えることは、生徒にとって難しいことです。テクノロジーを統合し、生徒の思考力を伸ばすことを目的としたレッスンは、これを克服することができます。生徒は、孤立した環境にいるときよりも、共同でリソースを使用したときの方が、可能性のある解釈を探求する可能性が高くなります。iPad、インターネット、Google Docs、Schoologyなどがすぐに使えるので、生徒はクラスメートとアイデアを共有したり、教師や仲間からのフィードバックをすぐに受けたり、学習教材を自分のものにしたりすることができます。
 
形成的評価(プレテスト)やその他の生徒のフィードバックをより頻繁に、より効率的に行うことができるiPadの機能は、教師が学習を個人化するのに役立っています。1対1のiPadが登場する以前は、教師は小テストやその他の紙の教材に頼っていたため、有意義なフィードバックが1日以上遅れることがよくありました。今では、授業の前、授業中、授業後にフィードバックを提供することができ、小テストは即座に評価され、その日や次の日の授業の参考にすることができるようになりました。ミネトンカの教師は、紙ベースの評価よりも迅速で効率的なフィードバックを学生に提供するための新しい革新的な方法を継続的に見つけています。Google Forms、Socrative、Flipgrid、Padlet、Kahoot、Schoology、またはTurnItInのいずれであっても、ミネトンカの教師は生徒の理解度に関するリアルタイムのフィードバックを収集し、そのフィードバックに基づいてその日以降の指導をカスタマイズすることができます。
 
すべての生徒の声を電子的に収集することで、生徒の声を聞くことができ、説明することができます。生徒が手を挙げて発言する従来の方法と比較して、生徒一人一人に説明責任が課せられ、教師は生徒一人一人についての知識を得ることができ、非常に貴重なものとなります。

このセクションでは

技術リソース

以下のリンクを開くと、ミネトンカのeラーニングで使用されるテクノロジーツールに関する生徒や保護者の方への説明が表示されます。

技術説明書を見る

お問い合わせ

質問やフィードバックをオンラインで送信し、ファミリー・テクノロジー・ヘルプデスクから1営業日以内に回答を受け取ることができます。

ファミリーヘルプデスク