教育委員会とのコミュニケーション

教育委員会のメンバーは、選挙で選ばれた代表者として、地区の統治に関する質問や会話を歓迎しています。教育委員会のメンバーは、地域社会の様々な分野で積極的に参加しており、諮問評議会への出席、委員会への参加、学校や地域社会の会合や行事への出席などを行っています。理事会メンバーは、あなたの行事への招待を歓迎し、出席するよう努力します。

教育委員会全体および個々の委員会メンバーとコミュニケーションをとるための公式および非公式の機会があります。

  • 話し合いましょう。 ご質問、ご意見、ご提案、ご懸念、お褒めの言葉などは、レッツトークフォームをご利用ください。
  • 電子メールを送信してください。 理事会全体との連絡をご希望の場合は、Eメール(schoolboard@minnetonkaschools.org)でご連絡ください。すべての理事会メンバーがあなたの通信を受け取り、理事会議長または副議長が理事会を代表してメールに返信します。個々の理事会メンバーに連絡を取りたい場合は、教育委員会のホームページにメールアドレスが掲載されています。
  • 電話。より複雑で感情的な話題については、電話または直接会って話すことが最も効果的な場合があります。理事会メンバーの電話番号は、教育委員会のホームページに掲載されています。
  • 個人的な会合。 個々の教育委員会メンバーとの面会を希望する議員は、個々のメンバーに連絡することで面会を手配することができます。
  • 公開会合。理事会は、少なくとも毎月開催され、事業を実施し、パブリック・インプットの機会を提供します。ここでは、公開会合のさまざまな選択肢をご紹介します。

地区の管理者は、生徒、保護者、地域社会の人々のために非常に利用しやすいことを誇りに思っています。


連絡先

教育委員会は、地区の管理運営を管理責任者に委任する。

  • 級問題は、まず学級担任に指示を出すこと。
  • 学校の問題は、まず学校長に指示を出すべきである。
  • 地区の問題は、関係するプログラムまたはサービスを担当する管理者に指示されるべきである。
  • 運用上または管理上の問題 問題のある領域に最も近い学校職員または地区サービスセンターの職員にご相談ください。

最初のレベルのコミュニケーションで問題が解決しない場合は、直属の上司、校長、または管理者が次の連絡先となります。




知る