学校について

エクセルシオール小学校。子どもを中心とした卓越した文化

エクセルシオール小学校のスタッフは、安全で育成された雰囲気の中で、生徒が自分の可能性を最大限に発揮できるようにサポートしています。私たちの学校では、生徒たちは新しい学習の機会を発見し、自分の能力を伸ばしていきます。子どもたちを通して、私たちは毎日未来を形作るお手伝いをしています。

私たちの使命

ミネトンカ学区の使命は、伝統的な「卓越性」の定義を超え、夢のある地域社会であるミネトンカ学区は、すべての生徒が最高の志を思い描き、追求しながら、より大きな善に奉仕するための教育と学習を行うことにあります。

  • 一人ひとりを大切にし、育てる
  • すべての人に自信と希望を持って秀でようとする情熱を鼓舞する
  • 授業や生活の中で並外れた達成感を刺激するような期待感を植え付ける

エクセルシオール小学校 - それはどのようにして始まったのですか?

1856年5月、エクセルシオール・スクールは最初の生徒を迎えるために門戸を開きました。当時、学校は丸太小屋だけでした。しかし、1857年にはエクセルシオールの町に2階建ての公立学校ができました。この建物は1899年に全焼したため、8部屋のレンガ造りの新しい建物が建設されました。それは、エクセルシオールが独立した学区となった年でした。

成長するコミュニティのニーズに応え、エクセルシオール・スクールズは1915年に高校を建設しました。この高校はガルピン湖に面した敷地に建設されました。この建物の最初の増築は1929年に行われました。1949年、エクセルシオール・スクールとその周辺地区は、急速に成長する郊外のニーズに応えるために、統合の必要性を感じました。エクセルシオール・スクールはミネトンカ公立学校システムの一部となりました。

1958年、エクセルシオール小学校は平屋建ての新しい建物として誕生しました。それ以来、エクセルシオール小学校に隣接する古い建物は、高校、中学校、公民館、シニアセンターと何度も名称を変えてきました。1993年には、この古い建物が初めてエクセルシオール小学校の4年生と5年生を完全に収容するために使用されました。

エクセルシオール小学校は、6つの小学校、2つの中学校、1つの高校からなるミネトンカ公立学校区#276の誇りあるメンバーであり続けています。