交通機関

幼稚園児は、登園前・登園後に黄色い大きなスクールバスに「大きな子」と一緒に乗って楽しんでいます。スクールバスは、通学区域内の生徒を自宅の最寄りのバス停まで送迎します。託児や第二の世帯のために、別のバス停を手配することもあります。託児所や第二世帯を必要とする保護者の方は、「保育所」と「第二世帯」の届出が必要となります。保育園・代替交通機関の年間要望書」の用紙を作成しました。

近所のバス停は、すべての子供たちにサービスを提供するために設置されています。一般的に、バス停は長年にわたって設置されており、安全でアクセスしやすいことが証明されています。すべてのバス停では、保護者の援助が必要であり、感謝されています。

開校している生徒は、通学区域内のどの停留所からでもバスに乗ることができます。既存の停留所からの送迎をご希望の場合は、"Annual Request For Alternate Transportation"フォームの提出が必要です。オープンスクールに通う家庭の中には、地区外のバスサービスを個人的に契約している家庭もあります。個人契約の場合は、各家庭または近隣地域が直接ファーストスチューデント交通機関と契約しています。

学生バス料金

ミネソタ州法では、学校から2マイル以内に住むすべての生徒に交通サービスを提供することが義務付けられています。2マイル以内に住んでいる子供たちには、バスサービスの料金がかかります。走行距離は、ディストリクトのバス・ルーティング・コンピューター・プログラムを使用して測定されます。バス料金は子供1人につき100ドル、1家族につき最大250ドルです。自宅が2マイル圏内にある場合は、登録後の春に通知が送られてきます。バスパスは8月に郵送されます。

交通機関の登録用紙や情報は、交通機関のページをご覧ください。

ミネトンカ校の廊下を下る学習に興奮した子供たち