誕生日の本

お子さんの誕生日を祝うために、読書の贈り物をしてみませんか。お子さんの名前で学校の図書館に寄付をしてみませんか。

どのように機能するか

お子さん一人につき15ドルをバースデーブックプログラムに寄付してください。お子さんの誕生日の月に、港を訪れ、購入済みの本の中からお好きな本を選んでいただきます。これらの本は、当港の図書館で必要とされている、お勧めの本です。表紙の内側にお子様のサイン入りブックプレートをお付けします。

今日から始めよう

PTOウェブストアのRevTrakからオンラインでお申し込みください。

お支払いいただくことで、学年を通してバースデーブックをお届けすることができます。追加の寄付金は、バースデー奨学金の購入に充てられます。お子さんが永続的で重要な遺産を残すために、図書館への寄付にご協力ください。

ミンニューワスタのバースデーブックスプログラムについてのよくある質問

なぜ誕生日の本なのか?

ミネワスタPTOのバースデーブックプログラムは2013年秋にスタートしました。目標は、生徒一人一人の誕生日を、永続的な読書の贈り物で祝うことであり、以下の目標を達成することです。

  • 教室に持ち込まれる誕生日の「おやつ」の種類の格差をなくす。
  • 食物アレルゲンへの曝露を最小限に抑える
  • 港にある本の量と種類を増やしてください。

どうやって使うのか?

保護者の方は、PTOウェブストアを通じて、子供一人につき15ドルをプログラムに寄付してください。お子さんの誕生日の月に、参加している生徒は、港の特別なバースデーブックのコレクションから本を選びます。 生徒は必要に応じて、自分の興味に合った本を探すお手伝いをし、自分の特別な日を記したブックプレートにサインをして表紙の内側に貼り付けます。 教師の判断により、生徒やその特別ゲストは、読書の時間にその本を読んだり、その本の抜粋をクラスで読んだりすることができます。

メディアセンターで誕生日の本を選べるようになるのはいつですか?

ポートでは月に2回、月の初めと中旬に「バースデーブックステーション」を開設します。 先生方には、ステーションがオープンする前に、その月に誕生日を迎えた生徒が誰であるか、その生徒をポートに送るための特定の曜日と時間帯をお知らせする通知がメールボックスに入っています。 何らかの理由で生徒がバースデーブックステーションがオープンしている時に行けなかった場合、先生はバースデーブックを受け取るまで次のステーションの通知を受け続けます。

ウェブストアで申し込むには、子供の誕生日まで待つ必要がありますか?

いいえ、学年内であればいつでも申し込むことができます。 通常、生徒さんの誕生月にお誕生日の本を選ぶことになります。

家族が不参加を選んだら?

問題ありません、このプログラムは完全に任意であり、教師は一般的に教室で他の方法で生徒の誕生日を認めています。 別の方法として、生徒は図書館から本を借りてクラスで読み聞かせをしたり、優しく使われた本を先生の教室に寄付したりすることもできます。

我が家は、プログラムに使う本を直接購入するだけでいいのでしょうか?

いいえ、港では外部からの図書の受け入れはできません。私たちのメディア専門家は、図書館の特定のニーズに対応するために、教育的な情報源から事前に本を購入しています。 もし、ミネワスタ図書館にとって有益だと思われる本をお持ちでしたら、バースデー・ブックス委員長のミシェル・エドストロームまでお気軽にご連絡ください。

誕生日のお祝いに食べ物を学校に持っていくことはできるのでしょうか?

生徒の誕生日に保護者や生徒が学校に食べ物を持ってきた場合は、事務員や先生がご自宅で食べていただき、バースデーブックプログラムの説明をさせていただきます。

夏休みの誕生日はいつ頃になるのでしょうか?

教師は、学校以外の日に誕生日を祝うのに最適な時期を決定することができます。 バースデーブックスプログラムの夏の誕生日には、ハーフバースデー、5月の終わり、またはプログラムが始まる学年の初めにすぐに本を選ぶことができます。 バースデーブックスのサインアップフォームには、保護者の方のご希望を記入していただくことができます。

子供の誕生日がすでに過ぎていて、申し込んでいなかった場合はどうなるのでしょうか?

上記と同じ手順でお申し込みいただけます。登録が完了すると、お子様の担任の先生は、次に空いているバースデーブックステーションにお子様を送るための通知を受け取ります。

奨学金はありますか?

はい。参加している家族は、他の人のために誕生日の本を購入するために、5 ドル単位で追加の資金を寄付することができます。スクールソーシャルワーカーは、他の人の寛大さから恩恵を受けることができる生徒を特定し、その情報を直接教職員に伝えます。

さらに質問がある場合は、誰に連絡すればいいですか?

PTO バースデーブック委員長のミシェル・エドストローム(michelle_edstrom@yahoo.com)までご連絡ください。