1:1 iPadプログラム

ミネトンカでは、テクノロジーを学習の促進剤として活用しています。幼稚園から12年生までの全生徒には、1:1 iPadプログラムの一環として教育用のiPadが発行され、毎日iPadを持ち帰っています。このプログラムでは、デジタルカリキュラム教材、生徒のコラボレーションツール、生徒の学習を促進することを目的とした全教科での個別指導などを使用しています。このプログラムに参加している生徒や保護者の方への情報は以下の通りです。ミネトンカの学校には、iPadプログラムをサポートするための堅牢な無線ネットワークがあります。高校生は、教育用にノートパソコンやその他のタブレット、その他のパーソナル・コンピューティング・デバイスを学校に持ち込むことができます。

Vimeoから読み込み中...

iPadプログラムの背景

世界の情報がデジタル化していく中で、今日の学生には、ほんの10年前に求められていたものとは異なるスキルが求められています。将来の卒業生は、3つのRだけでなく、問題解決、批判的思考、コミュニケーション、技術的リテラシーの21世紀のスキルを備えていなければなりません。学生は、情報を素早く見つけ、総合的に判断し、伝達し、自分のオフィスだけでなく、同僚や顧客のグローバルなコミュニティの中で、同僚と協力して仕事をすることができる必要があります。

ミネトンカ公立学校は、生徒が責任を持ってこの新たな現代世界をナビゲートするために必要なスキルと知識を身につけられるようにしたいと考えています。そのため、2011年からApple iPadを使用した1:1(生徒とコンピューティングデバイス)プログラムを実施し、生徒にシームレスでダイナミックな教育体験を提供しています。

1:1プログラムの目標は

  • 学習の強化と加速
  • テクノロジーを活用した個別指導
  • 連携を促進し、学生のエンゲージメントを高める
  • 将来の生徒の成功に必要な21世紀型スキルを強化する。

また、このテクノロジーは、従来の印刷された教科書や教室の備品の代わりに、デジタルカリキュラムへのアクセスを増加させます。1:1デバイスを使用する機会は、学生がいつでもどこでも学習にアクセスできるようにします。

ミネトンカの教室でのiPadの使用方法についてはこちらをご覧ください。

このセクションでは

技術リソース

以下のリンクを開くと、ミネトンカのeラーニングで使用されるテクノロジーツールに関する生徒や保護者の方への説明が表示されます。

技術説明書を見る

お問い合わせ

質問やフィードバックをオンラインで送信し、ファミリー・テクノロジー・ヘルプデスクから1営業日以内に回答を受け取ることができます。

ファミリーヘルプデスク

写真の学生のiPad