ケース


CASE:学生教育のためのコミュニティ・アクション

ミネトンカ公立学校の資金調達のためのケースを作る。

ミネトンカのコミュニティ・メンバーは、ミネソタ州議会で学校への資金提供を求めてCASEを結成しました。私たちの目標は、法改正の可能性を監視し、州レベルでの公教育への再投資を議員に働きかけることです。

CASEは非党派組織です。選挙で選ばれた役職の候補者を推薦することはありません。個人市民として選挙活動に参加することを禁じているわけではありませんが、その意見や行動はCASEを代表するものではありません。CASEは保護者の方々を中心に活動していますが、地域社会の方々やビジネスリーダーの方々とも協力しています。

この活動には、会員増強、コミュニケーション、調査、イベント企画、ロビー活動など、多くの面があります。取り組みは多岐にわたりますが、生徒と学区の生活に変化をもたらしたいという情熱を持った人なら誰でも参加できる場があります。

CASE インフォグラフィック


ミネソタ州議事堂


お問い合わせ


代表者への連絡

  • 立法者と知事は、あなたの優先事項を聞く必要があります。ミネソタ州で教育を優先させるために彼らを思い出させるために2分を取る。
  • 教育を優先してもらうようにお願いします。
  • 誰が私を代表しているの?
  • 2分あればOK!ささっと電話やメールをするだけでも違いが出てきます。時間外でもメッセージを残すことができます。

アドボカシーのヒント

  • 自分が構成員であることを確認してください。
  • お名前、ご住所、電話番号をご記入ください。
  • 彼らの努力に感謝しています。
  • 今度の予算審議で「教育を優先させる」ようにお願いしましょう。
  • メールの場合は、必ず件名に「構成員」を入れてください。
  • 重要なのは"州の強さを維持するためには教育を受けた国民が必要だ"ということだ